相続税とは | はじめての相続税ナビ かからない?かかる?

はじめての相続税ナビ かからない?かかる?
Home » はじめての相続税ナビ » 相続税とは
はじめての相続税ナビ | 08月07日更新

相続税とは

遺産相続の際に覚えておかなければならないことの中には相続税に関することがありますが、これを読んでいる皆さんはどのくらい相続税についてご存じでしょうか?
相続税と聞いてまずイメージするのがたくさんの財産を相続した人が納めるイメージがあるかもしれません。
これは確かにその通りで、相続税には基礎控除や配偶者控除といった制度がありますので、この制度が適用されることによって相続税を納めなくても良い場合があります。
しかし基礎控除や配偶者控除を超えれば当然相続税を納めなければなりませんから、まずはここをしっかり把握しておくことが大切になります。

まず基礎控除について説明すると、これはすべての相続人が対象になる控除で、「3,000万円+600万円×相続人の数」という計算式で計算することができます。
たとえば相続人が2人いる場合は3,000万円+600万円×2になりますから基礎控除額は4.200万円で、相続財産の総額がここを超えなければ相続税を納める必要はありません。
基礎控除とは基本的に相続人の数によって金額が変化しますので、全員で何人の相続人がいるのかきちんと確認しておく必要がありますし、相続人の調査は遺産相続をするうえでもやらなければならないことなので、最初にやっておきましょう。

次に配偶者控除についてですが、これは文字通り配偶者のみに適用される制度で、基礎控除額の範囲内か1億6,000万円を超えなければ相続税が発生しないという制度です。
このようにはじめに基礎控除の計算して、自分が相続税の対象になるかチェックしてみることが重要ですし、相続財産の総額が間違っていないか早い段階で確認しておきましょう。

もし相続税がかかることが分かったら被相続人が亡くなってから10カ月以内に税務署で納税手続きをしなければなりませんので、忘れずに手続きを行ってください。
万が一相続税がかかっているのに納税手続きをしていないとペナルティの対象になります。